金投資の安全な運用法

預金や株式、不動産といった資産運用の一環として一部を金投資という形で分散させる考え方以外に、金投資そのものも、リスクをできるだけ軽減させるための方法を考慮して安全な運用を考えましょう

①一般の金投資は中長期で考える

金投資のプロは短期間の売買で相場の上下を読んで利益を生もうとしますが、一般の、特に定年後の資産運用として金投資を考えている場合、この方法はリスクも伴うのであまり向いているとはいえません。一般には、いざという時に役立てるための資産として考え、余裕のある資金で行うことが望ましいといえます。短期間の売買目的ではなく、中長期の保有を目的にした投資を行うことがより安全な運用といえます。

②購入の時期も分散する

さまざまな投資型の商品購入に共通して言えることですが、金投資の場合も、一度に大金を集中して買うのではなく、時期を何回かに分散させてリスクを軽減しましょう。

関連記事

  1. 金は普遍的な実物資産としての価値
  2. 金投資の考え方
  3. 金投資のいろいろ
  4. 金の種類と取引手数料