金投資の考え方

金への投資は、預貯金や株式、不動産、投資信託など他の資産運用の方法の一環としてとらえ、それ自体で大きな利益を得るというよりは、資産の分散運用のひとつとして考えておきましょう。

世界各国の政府の金準備比率は平均で12%前後といわれており、一般の投資家の場合も、保有する金の比率は全資産の10~15%程度が目安になるといわれています。

関連記事

  1. 金は普遍的な実物資産としての価値
  2. 金投資の安全な運用法
  3. 金投資のいろいろ
  4. 金の種類と取引手数料