金は普遍的な実物資産としての価値

金は人類の歴史において、もっとも長い間、実物資産としてその価値を認められ続けてきました。株式や債券などが、経済的に好調のときはその価格が上がりやすくなる反面、一点して経済的に不調になると価格は下がり、最悪の場合はまったく無価値になってしまうこともあります。

これに対して、金はそのものに価値があるため、歴史上無価値になったことは一度もなく、普遍的な価値を持つ実物資産とみなされています。そのため、金相場は不況が続き株式や債券などの価格が下がるようなときは、実物資産として金の価格は上がるという傾向にあります。

世界的な金の需要は宝飾品としての利用が最も多いものですが、国際情勢の不安定な中での資産の確保や分散投資、金価格の値上がり益などを目的とした投資も活発に行われています。金の相場価格の変動はその他の商品と同様、需要と供給のバランスによって上下しています。
タグ : , , ,

関連記事

  1. 金投資の考え方
  2. 金投資の安全な運用法
  3. 金投資のいろいろ
  4. 金の種類と取引手数料