保険金を受け取るときの税金

保険を見直す際に、注目しておきたいのが保険金を受け取るときにかかる税金についてです。生命保険の死亡保険金を受け取る場合にかかる課税は、保険金の負担者と受け取る人との関係により異なります。

被保険者(死亡した人)が保険料の全額を負担していた場合、死亡給付金は相続財産とみなされます。例えば、夫が妻を受取人として保険料を支払っており、夫が死亡した場合は、妻に相続税がかかります。この際、法定相続人一人につき500万円分が非課税となります。

保険受取人が保険の契約者として保険料を負担していた場合は、受取人の一時所得とみなされ、保険金の50%を課税対象として所得税と住民税が課税されます。例えば、妻が被保険者で受取人である夫がその保険料を負担していた場合などがこのケースにあたります。

保険料を払っていた人が被保険者、受取人以外の場合は、保険金受取人に対して贈与が行われたとみなされ、贈与税が課税されます。例えば、夫が妻を被保険者として保険料を支払い、受取人が子供になっていた場合、妻が死亡すると保険金受取人の子供に対して贈与税が課税されます。贈与税は110万円までが非課税となります。

また、満期保険金の受け取りに際しては、保険金負担者と満期保険金の受取人が同一の場合は一時所得となり、異なる場合は贈与となります。

税金の負担が最も重いのは贈与税です。満期を迎えた際、多額の納税額にならないように、保険契約をよく見直しましょう。

詳しくはコチラ

関連記事

  1. 保険の種類を考える
  2. 医療保険も選択肢に
  3. ライフステージに合わせて適切な保障を考える
  4. その他の要素もあわせて考える