不動産投資のメリット

アパート、マンションなどの不動産を所有している場合、不動産投資で得た収益には当然所得税がかかりますが、収益の中から減価償却費、管理費、修繕費、ローンで購入した場合はローン金利などが必要経費として差し引かれるため、所得税対策としてのメリットが考えられます。また、現金はインフレになった場合、その価値が目減りしますが、不動産はインフレによる物価上昇にともない資産価値や家賃物件収益なども上昇すると見込まれるため、インフレ時に有利といえます。

また、賃貸物件などの不動産は、建物の固定資産税評価との差による評価減など、各種の評価減によって節税対策となるほか、物納となることを回避する相続対策になるとともに、相続人に分配しやすくなるという利点もあります。

頭金「ゼロ」でできる、『光速』収益不動産投資成功法

関連記事

  1. 将来に備えた資金確保
  2. 不動産投資とは
  3. 不動産投資型投資信託
  4. 安定した不動産運営のために