不動産投資とは

不動産に投資する資産運用には、大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつは、将来値上がりしそうな土地などの不動産を購入し、その後売却して値上がり益を得るもの、もうひとつは、賃貸マンションやオフィスビルなどの不動産を保有(購入)または持っている土地に建築して、そこから得る賃貸収入で利益を上げるものです。上記の2つは直接不動産に投資するタイプで、最初から不動産を持っている場合を除き、かなりのまとまった資金が必要となります。

これに対して、間接的に不動産に投資するタイプとして、不動産投資に必要な資金を小口に分けて多くの投資家に販売し、その資金をまとめてひとつの不動産に投資し、そこから得られる利益を各投資家に投資額の比率に応じて分配するという方法があり、このタイプの投資も増えてきています。例えば、同じ投資信託形式のファンドでも、日本の証券取引所に上場している不動産を対象とした不動産投資信託J-REITは、対象が株式や債券ではなく不動産となるわけですが、証券取引所の取引時間内であれば、株式の取引と同じようにいつでも売買することができるなどの特徴があります。
(投資の対象となる不動産物件や適用地域はファンドによって異なります)

関連記事

  1. 将来に備えた資金確保
  2. 不動産投資型投資信託
  3. 安定した不動産運営のために
  4. 不動産投資のメリット