病気への備えは忘れずに

どんなに注意をしていても病気になってしまうこともあります。万一、病気になったときに備えて、経済的な負担が発生する可能性は老後のマネープランの一項目として考えておきましょう。

通常、定年退職後は現役時代のような多くの収入は期待できません。入院・治療費などを貯蓄だけで賄えれば問題はありませんが、長期の入院や健康保険適用外の治療の必要が生じた場合など、多額の医療費がかかるケースもあり得ます。 そんなときのために、貯蓄だけでは不安がある場合は、医療保険への加入なども早めにしておくことも備えの一つとして重要です。

そして、これらの備えは、体力と経済力に余裕がある現役時代のうちから始めておくことが理想です。

関連記事

  1. 健康管理の重要性
  2. 定年後の肥満は大敵
  3. 骨・関節の衰えからくる怪我や病気に注意
  4. 定期健康診断で健康チェック