外貨預金のメリットとデメリットを考える

日本の通過「円」ではなく、預金を外国通貨で行い、それぞれの通貨の金利による利息をつける外貨預金は、相場次第では低金利が続く円預金よりも有利な実質利回りが期待できる点が最大のメリットです。

その反面、預け入れ時と引き出し時の為替相場の変化による為替差益・損益が生じる点が大きな注意点です。相場の変動で預け入れ時より引き出し時が円安になっていれば為替差益が出ますがその反対だと損益になります。また、為替相場に変動がなくても為替手数料(対象となる通貨によってかかる手数料は異なります)がかかるので実質的に元本割れとなる場合もあります。
定年後に海外ロングスティを考えている場合はその国の通貨で資産運用することによって為替によるリスクを軽減する事が出来ます。

つまり、為替相場の変動がメリットにもデメリットにもなりますから、その点を考慮した運用がポイントとなります。また、円建ての預金と異なり、外貨預金に対してはペイオフ制度が適用されませんので、この点もデメリットといえるでしょう。

ただし、預入時よりも為替相場の変動により、元本割れするような場合、円に換金することなく、例えばドル建てならドルのままで持ち、海外旅行先などで使用すれば、有利に使えるなどのメリットもあります。


◆◇ 初めてFXを始める方へ 【DMM FX】で安心お取引き ◆◇
■取引手数料いつでも0円!断然お得!(クイック入金のみ無料)
■抜群の操作性!使いやすいオリジナル取引ツール! 
■業界最狭水準のスプレッドを提供!
■『全額信託保全』安心・安全!
■平日24時間電話サポート
⇒詳細はこちら

関連記事

  1. 通貨と預金の種類がポイント
  2. 実質利回りの計算