少しずつ時間をかけて行う

株式投資は長い目でみて利益を考えることが大切です。始めはごく堅実なものから、そして少ない金額(保有株の量)からスタートし、その銘柄や株取引についてよく知ってから少しずつ投資額や銘柄を増やして行きます。
たとえ利回りが数%前後の利益であっても、10年20年と続けることにより当初の資金は大きく増えることになります。

ただし、会社四季報などで業績を調べたり、業績の悪い同系列の関連会社が無いか、また配当金はいくらかなど、しっかり調べてから投資をしましょう。
資産運用を計画どおり進めるためには労力を惜しんではなりません。

定年後の資産運用は堅実さを第一に考えて運用していきたいものです。

関連記事

  1. 堅実な銘柄選びから
  2. 株で収益があがる仕組み
  3. 堅実な株式投資とは
  4. 証券会社の選び方
  5. 投資対象銘柄選びのポイント