定年後の資金計画を考える

定年後のライフプランの選択肢の一つに、再び働くということがあげられます。

60 歳で定年退職し、85歳までの生活資金を考えた場合、何かと問題の多い年金などの社会保障だけでは足りません。定年後は働かずに過ごすとなると、それまでに蓄えた預貯金を取り崩していくことになります。できるだけ支出を切り詰めても資金が目減りする不安感は残ります。そのために、再就職などをして収入を増やしたり、さまざまな方法で資産運用して増やしたりすることが、ライフプランの一環として重要になってきます。
ユダヤ人の資産運用術

関連記事

  1. やりがいと社会貢献
  2. 再就職の考え方
  3. NPO法人で働き地域社会に貢献
  4. 仕事の探し方