メリットとデメリット

金融商品にはそれぞれの特徴によりメリットとデメリットがあります。例えば、預貯金は元本が保証されるというのは大きなメリットですが、預けたお金が大きく増えるということはありません。

投資信託のメリットは前述のように、運用をプロのファンドにしてもらうので初心者でも安心して始められる、最低購入額が通常の株式投資などと比べてかなり小額で行える、直接投資が難しい海外の株式や債券などにも投資できる点などです。ただし、投資先が株式なのか国債などの債券なのか、国内投資か海外投資かなどにより、リスクとリターンの大きさは変わってきます。また、運用・管理を任せるためコストは高めで、運用成績しだいでは元本割れするおそれもある点などがデメリットといえます。

定年後の自分は現在の資産をどのくらい増やしたいのか、どういう運用がしたいのかによって、自分にあったリスク・リターンの程度を判断して適当な商品を選ぶようにしましょう。

関連記事

  1. 初心者にも比較的安心
  2. リスクを避ける「分散投資」