初心者にも比較的安心

投資信託とは、投資家たちから集めたお金をファンドマネージャーと呼ばれる金融のプロが運用し、得られた利益を投資家に還元するというスタイルの金融商品のことをいいます。
投資したお金の運用先は内外の国や企業、不動産などさまざまな種類があり、高い収益が見込めるもの(ただしリスクも高い)から比較的リスクが少ないもの(ただし収益もリスクの高いものと比べて低い)まで、投資する人が選ぶことができます。

もちろん、通常の預貯金とは異なりますから元本は保障されていませんが、その道のプロが運用すること、初期投資費用が低額から始められることなど、投資の初心者にとっては比較的安心でき、資産を運用するための投資を始めるきっかけにはちょうどよい金融商品だといえるでしょう

関連記事

  1. メリットとデメリット
  2. リスクを避ける「分散投資」