その他の要素もあわせて考える

ライフステージに合わせた備えは、何も保険ばかりに頼るわけではありません。その他の収入の要素がないか考えてみましょう。親から受け継いだ十分な資産があったり、結婚までに積み上げた貯蓄があれば上手に資産を運用することで、保険に依存する割合は少なくてすみます。

また、老後も子と同居するのであれば子からの収入、母子家庭や夫婦どちらかに障害があるなどの場合、自治体から助成を受けられることもあります。これらの収入や助成制度などもライフステージと合わせて考え、適切な保険の見直しを行うようにしたいものです。

関連記事

  1. 保険の種類を考える
  2. 医療保険も選択肢に
  3. ライフステージに合わせて適切な保障を考える
  4. 保険金を受け取るときの税金