ライフステージに合わせて適切な保障を考える

長い人生の中には、その節目節目でさまざまなステージがあります。一般的な例で考えれば、結婚、子供の誕生、住宅購入、子供の独立(結婚)、定年退職、というように続いていきます。
充実したセカンドライフの為には資産運用も大事ですが、生命保険もライフステージに合わせていかなければなりません。

このライフステージの変化に応じて、必要となる生命保険の保障額も変わってきます。もちろん保障額は多いに越したことはありませんが、保障額に応じて当然保険料も割高になります。ライフステージに応じた必要な保障を適切に見極め、無駄のないように保険の見直しをしましょう。

結婚前の独身時代であれば、万一のことがあっても親が経済的に困るということはあまりないと考えられます。結婚して妻が専業主婦として家事に専念する場合、経済面は夫が一人で支えることになります。夫に万一のことがあっても妻が生活に困らないよう、夫の保険の保障額はそれなりの金額が必要になります。
さらに、子供が生まれればその生活費や教育費などの資金を補えるだけの保障額の上乗せを考えなくてはなりません。そして、子供が独立すれば補償額は減額して行くことになります。子供が独立した後の夫婦の生活は、死亡保障よりもむしろ生きている間の生活費に対する備えが重要になってきます。

上記は専業主婦と夫の場合で紹介しましたが、夫婦共働きの場合も妻が死亡した時の残された家族への経済的影響を考慮して死亡保障を考える点以外は基本的に同様です。



関連記事

  1. 保険の種類を考える
  2. 医療保険も選択肢に
  3. その他の要素もあわせて考える
  4. 保険金を受け取るときの税金