医療保険も選択肢に

思わぬ病気やケガをしてしまったときの経済的負担は資産運用の計画を狂わせかねませんので金銭的負担を軽減するために、医療保険への加入も選択肢に入れておきましょう。

死亡保障のついた他の保険にも、契約項目の中に入院・治療時に保険金が支払われるものは少なくありませんが、長期入院・治療となった場合、多くは保険料を超えたかなりの負担が懸念されます。また、同じ入院・治療でも病気やケガの種類によっては保険金が支払われないケースもあります。公的健康保険制度が保障する疾病の対象範囲は限られていますから、健康保険ではカバーできない差額ベッド代や特殊治療費などの負担を補うものとして、加入しておくと役立つ保険です。
がん保険など、対象の疾病を限定した医療保険もあり、ライフスタイルや遺伝的体質などによる病気のリスクを考慮して、適した保険を選ぶとよいでしょう。

また、定年を迎える年齢になるとちょっとした事で怪我をするものです。 対象を怪我に限定した傷害保険などもライフスタイルによるリスクを考慮して選択肢のひとつに加えておくとよいかもしれません。

関連記事

  1. 保険の種類を考える
  2. ライフステージに合わせて適切な保障を考える
  3. その他の要素もあわせて考える
  4. 保険金を受け取るときの税金