保険の種類を考える

家族に万一の場合があったときに必要なのが生命保険です。死亡保障がある生命保険にはいくつの種類があります。どのタイプが合っているかはその人のライフスタイルによっても異なってきます。

定年後の生活設計や資産運用計画によってそれぞれの特徴を理解して、選択するとよいでしょう。

1.終身保険

文字どおり、保障が一生涯続く保険です。定期保険に比べて保険料は割高になりますが、貯蓄性・資産性が高いので保障が必要ないと判断したときは、解約返戻金としてまとまった金額を受け取ることができます。

また、同じ終身保険でも商品によって、一定期間解約返戻金を低く抑えた時期を設けることで保険料を割安にしたもの、払い込み期間満了後に死亡保障を年金の受け散りなどに移行できるもの、運用成績に応じて解約返戻金が変動するものなど、さまざまなバリエーションがあります。

2.定期保険

一定期間の保険期間を決めて、死亡あるいは高度障害状態に陥ったときに保険料が支払われる保険です。

掛け捨てタイプなので満期金などはありませんが、終身保険などと比べると保障額に比べて支払う保険料は格安になります。一定期間が過ぎると終了するものと更新できるものとがあります。

更新型の場合、保険期間が満了すると更新手続きを行います。更新するごとに保険料は変動しますが、加入後の期間に応じて更新後の保険料が下がっていく「逓減型」と、反対に更新ごとに保険料が上がっていく「逓増型」があります。資産性はありませんが、割安な保険料で高額の保障を受けることができる点が大きな特徴です。

また、定期保険の一種で、保険金を年金などのように分割で受け取る「収入保障保険」という保険もあります。分割払いが基本ですが、一時金で受け取ることもできます。ただし、一時金の受け取り額は、契約からの経過年数に応じて減額されていきます。

3.養老保険

保障期間が5年、10年、20年、あるいは満60歳までというように限定されている貯蓄型の保険です。

保険期間中に死亡した場合は死亡保険金を、無事に満期を迎えた場合は満期保険金を受け取ることができます。保障と貯蓄を兼ねた保険で、子どもの教育や老後の準備など、ライフステージに合わせて設定し、資金づくりに役立てることができますが、昨今の低金利の影響で、貯蓄効果はあまり期待できなくなったというのが現状です。

無料相談で保険の見直しをしてみましょう!


読売ウィークリーで絶賛の保険マンモス『FP無料相談』は今すぐコチラ!

関連記事

  1. 医療保険も選択肢に
  2. ライフステージに合わせて適切な保障を考える
  3. その他の要素もあわせて考える
  4. 保険金を受け取るときの税金